運行マネジメントOperation Management

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

帯運観光株式会社は、輸送の安全を確保するために、以下のとおり全社員が一丸となって取り組んでまいります。

令和4年度 安全方針

  1. 経営トップ及び管理職は事業経営に際し、常に輸送の安全確保が最重要であるとの認識のもと業務を遂行し、「安全・安心な輸送」の実現を目指す。
  2. 経営トップ及び管理職は、運輸安全マネジメントを適切に実施する為に、その体制の構築について必要な要員、予算等の確保に努める。
  3. 安全輸送にかかわる情報は、積極的に公表する。

重点施策

  1. 安全輸送の確保が、最も重要であることの認識を徹底する。
  2. 安全輸送関係の法令及び、管理する規定に定められた事項を遵守する。
  3. 安全輸送に関する費用の支出、投資を積極的かつ効率的に行う。
  4. 安全輸送に関する教育・研修の計画をし、適確に実施する。
  5. 安全輸送に関する情報の連絡体制を確立し、営業所間で共有する。

令和4年4月1日
帯運観光株式会社
代表取締役社長 田中 広幸

ページのトップへ戻る